アーティスト・ピエール・ジャンヌレ

ピエール・ジャンヌレ
ピエール・ジャンヌレ(1896-1967)

スイスの建築家ピエール・ジャンヌレは、従兄弟のル・コルビュジエとともに事務所を構え、共同で20世紀の最も名高い建物のいくつかを設計しました。その中にはサヴォイ邸やパリのラ・ロッシュ邸などが含まれます。第二次世界大戦が勃発すると、ル・コルビュジエはフランスのヴィシー政権を支持し、ピエールはレジスタンス運動に参加したため、二人は袂を分かつことになりました。しかし1955年には、インドのパンジャブ地方にチャンディーガルの新都市を設計するために再びチームを結成しています。ル・コルビュジエはこのプロジェクトにそれほど多くの時間をかけませんでしたが、一方ピエール・ジャンヌレはその後15年間、同プロジェクトに専心しました。

特徴:

ピエール・ジャンヌレは常にル・コルビュジエの影にいました。しかし成功よりも実験を重視した彼にとって、チャンディーガルはヨーロッパの建築規範から離れて自由な設計ができる絶好の機会となりました。

作品を見る >

 

シャルロット・ペリアン
シャルロット・ペリアン(1904-1999)

シャルロット・ペリアンはル・コルビュジエとともに働いたフランス人の建築家・デザイナーで、有名な事務用回転式スチールパイプの椅子をデザインしたことで知られています。1937年にはル・コルビュジエの事務所を辞し、1940年からはジャン・プルーヴェと協力を開始しました。その頃日本を訪れ、この国の工芸の豊かな伝統に接した結果、自身のデザインに木を取り入れ、より繊細な表現を追求するようになりました。

特徴:

ペリアンは何物にもとらわれない自由な精神を持つ左派主義者で、独自の表現を探し求める中で伝統的な建築規範から離れ、より感覚的・詩的な表現方法を採用しました。彼女にとってデザインとは楽しみつつも真剣に向き合うべき作業であり、その作品の中に我々は、利己主義や功名心とは無縁の、女性ならではのアプローチを認めることができます。

作品を見る >

 

le corbusier
ル・コルビュジエ(1887-1965)

20世紀を代表する建築界の巨匠ル・コルビュジエは、合理的なモダニズム建築 に革新的で遊び心のある独自の解釈を加えました。「住宅は住むための機械である」という有名な言葉は、設計への彼のアプローチが非常に柔軟だったことを示しています。同時に彼は、建物は人々の魂と共鳴すべきだと信じる芸術家でもありました。例えば彼の「建築的プロムナード」という概念は、建物が多くの感情を喚起し経験を作り出すものでなければならないという信念を表しているのです。

特徴:

非常に野心的であったル・コルビュジエは、建築を通じてその野心を叶えようとしました。それでも功名心によってその設計が捻じ曲げられることはありませんでした。建物は我々の魂と触れ合わなければならないという信念を持っていた彼は、設計した個々の建物に深い意味合いを与えています。彼の作品は、合理性と精神性という全く異なる二つの面を豊かに併せ持っているのです。

作品を見る >

 

Tom Strala
トム・ストララ(1974年生まれ)

スイスのデザイナーであるトム・ストララは、活動を開始した当初から工業製品の大量生産を避け、実験的な制作を行ってきました。彼にとってデザインとは芸術であり、同時に思想や思考を表現する手段でもあります。経済的な利益を追求したり時代の流行を取り入れるよりもむしろ、自分の世界観を反映した過激なデザインを行なっており、それはしばしば、例えばシンプルながら繊細という矛盾する性質を併せ持っています。

特徴:

ほとんどの場合、デザインは過激ではないという事実に、彼は苛立っています。家具は機能的であるからといって、必ずしも消費財らしい姿をとらなければならないわけではありません。自由な精神を持つデザイナーとして、彼は存在の根本に関わるこの問題のあらゆる面をじっくり考慮しています。

作品を見る >

 

ジャン・プルーヴェ
ジャン・プルーヴェ(1901-1984)

ジャン・プルーヴェはフランスの金属細工師、そして独学の建築家・デザイナーで、近代技術の持つ美的側面に魅了されていました。彼は建築ではル・コルビュジエと、また家具ではピエール・ジャンヌレとシャルロット・ペリアンとともに働いています。第二次世界大戦後にフランスが多くの住宅を必要としていた頃、プルーヴェは合理的で安価、かつ大量生産が可能な解決策を模索しました。彼にとって実用的なアイディアや設計は重要でしたが、そのデザインはそれだけにとどまらず、同時に詩的で芸術的でもありました。

特徴:

ジャン・プルーヴェは平凡の中に美を見出していました。機能的な家具の制作を通じて、彼はいわば反美学的な美を発展させました。ありふれた素材から豊かな作品を生み出せることを彼は知っていたのです。

作品を見る >

 

lina bo bardi
リナ・ボ・バルディ (1914-1992)

人生の大半をブラジルで過ごしたイタリア生まれの建築家リナ・ボ・バルディは当初、建築家・デザイナーのジオ・ポンティのもとでミラノで働いていました。第二次世界大戦後に夫とともにブラジルのサンパウロに移住すると、夫婦はたちまち現地の芸術家・知識人サークルと交わるようになりました。彼女の初期の作品はモダニズム的なものでしたが、ブラジルの生活と建築の持つ感覚的・民族的な要素が徐々に影響力を強めています。彼女のデザインの多くは実験的であると同時に精神性を備え、その対象は素朴な家からコンクリート製のブルータリズムの大規模建築まで、多岐にわたります。

特徴:

コミュニズムに共感していた彼女は、同時にブルジョワでもありました。矛盾に満ちた彼女は、自由を重んじる美的感性を見出したのです。

作品を見る >

ピエール・ジャネレットの椅子

椅子 ・デザイン

ジャンヌレットの椅子、椅子、ランプ、机、イージーチェアー。ル・コルビュジエ・チャンディーガルは、椅子、家具、事務用杖のチェア、ジャンヌレット・チェアの他のすべての物を提供しています。ル・コルビジェはすてきな椅子を作った。 Pierre Jeanneretはソファーと家具を作った。 ル・コルビュジエ

(EN) Jeanneret Le Corbusier